投資とギャンブルの違い

投資とギャンブルの違い

ラスベガス、アトランティックシティ、マカオ。
これらの地域には、リゾート施設かと思うような巨大なカジノが建設されています。

 

特にアメリカのラスベガスは、全米有数の治安の良さ、収益をカジノで得ているので、その分ホテル料金は格安です。
余談ですが、2020年東京オリンピックに向けて、多数の外国人が来日することを見込み、日本でも遂にカジノを建設する計画が進められているそうです。

 

『新着』
政府は、2020年までに3ヶ所のカジノ開業を目指す方針で、東京・大阪・沖縄が有力と言われてましたが、そんな中、北海道知事がシンガポールへカジノ施設の視察へ向かい、 参入へかなり高い興味を示しているようです。

 

投資なんてするだけ無駄 !?

投資に対して批判的な意見の大半は、投資=ギャンブルという認識です。

 

投資とギャンブルは別物です。

 

投資は、健全な経済活動であり、投資によって世界経済が成り立っていると言っても過言ではありません。
つまり、投資を批判する人は、これまでの世界経済の歴史と、今生きている現実を批判しているようなもの。

 

投資とギャンブルには決定的な違いがあります。それは目的です。

 

投資とは、将来の資産を増やす為に、現在の資産を投じることを言います。

 

例えば・・

 

自己投資として経済を勉強をする。何十万円もする高額セミナーに参加することで自分の能力を高める。
今私にとって失っても困らない手元の100万円を、今必要としている人に出資して、その出資の謝礼として、1年後、3年後に150万円を返してもらう。

 

一方ギャンブルの場合は娯楽というサービスを提供し、その対価として参加料を支払います。例) 競馬の場合。
勝率の高い馬券は配当倍率が低く、逆に勝率の低い馬券の配当倍率は高く設定されるのが一般的です。
これは、どのような結果になっても主催者側に利益が入る設定です。
つまり主催者側は絶対に負けないルールが出来上がっているからです。主催者側が絶対に負けない負けるのは利用者しかいません?

 

ですから多くの利用者は、一時的に収入を得ることが出来ても最終的にはマイナスになる訳ですね。
またギャンブルはの勝敗は、に左右され過ぎる傾向にある為に一個人の努力次第ではどうにもならない、という側面もあります。宝くじがその典型例ですね。

 

対して投資の場合は、個人の努力次第でどんどん勝率は高くなります。
その点でも大きく違います。要約すると、投資は結果を求めるものであり、ギャンブルは過程を楽しむもの。

 

結果の為だけにお金を投じるのが投資。
楽しんだ後にお金が付いてくればラッキーラッキーなのがギャンブル。
故に投資はギャンブルとは比較にならないほど勝率が高いのですね。

 

投資とギャンブルには、リスクとリターンという似たような側面がありますが、目的やその取り組み方で、大きな違いがあります。

 

少額資金で始められる DMM FXは初心者向け

 



 

失敗しない業者選び


 

関連ページ

業者選び
お得な通販をかき集めてみました。お役に立てたら幸いです。
英断を下す3つの秘訣
お得な通販をかき集めてみました。お役に立てたら幸いです。