未公開暗号通貨をプレセール中に少ない資金で購入!

未公開暗号通貨をプレセールで購入する!

ビットコインは落ち着きを取り戻し、約30万円近辺で落ち着いているようですね。(6/26現在) 
またビットコイン決済可能な店舗やサービスが約26万店まで増えてきました。

 

日本のメガバンクも独自通貨を発行すると発表しました、ビットコインの価値は大方の予想通り2〜3年で現在の3〜4倍にはなるでしょう。
ただ、暗号通貨長者になるには、それなりの資金が必要になるのが頭痛の種でしょうか。

 

 

ビットコインの購入ができる取引所

 

 コインチェックはビットコイン以外にも取引可能な取引所です。

 

 

 

 ビットフライヤーはビットコイン保管中のリスクを補償!損害保険を国内大手損害保険会社と契約しています!また、ポイント交換サイトPeXで貯めたポイントをビットコインに交換できるサービススタート! ライフカード の運営する「 サンクスポイト 」とビットコイン の交換を行う サービスを開始

 

ビットコインは決済できる店舗やサービスが約30に増えたそうです。
しかし、ビットコインで暗号通貨長者を目指すのは少々難しそうですね。
3年後には1BTC=100万円になるだろうと予測する専門家も居るようです。

 

現在の価値の約4倍です。1千万円分持っていれば4千万円に3年でなる訳ですから
魅力的かも知れません。しかし、1千万円も購入できない人はどうすればいいのか?

 


少額資金から始める暗号通貨長者の道

アルトコイン(新興暗号通貨)を購入する方法

 

 

ビットコインを現在の価値で購入して、暗号通貨長者になるにはそれなりの資金が必要ですが、

 

アルトコインをプレセール中や公開後スグ購入すれば少ない資金で多数購入でき、

 

暗号通貨長者も夢ではなくなります。

 

ビットコイン長者は海外に大勢居るそうですし、最近ではイーサリアム長者が多数居るそうです。

 

約1600倍以上ですからね。1万円が1,600万円ですから・・

 

リップルが約46倍、ネムが約76倍まだまだ価値は上がりそうですね。

 

 

イーサリアムは国連の慈善活動のため、イーサリアム技術のトライアルは成功しました。

 

国連のWorld Food Programme、数千の難民にイーサリアムの引換券を配り、食糧支援が目的でした。

 

難民がWFPからもらった全てのイーサリアムはオリーブオイル、パスタ、レンズ豆等食べ物の購入に使われました。

 

WFPはプロジェクトを広げ、8月にジョーダンにいる100,000人にもイーサリアム引換え券の配布予定です。

 

企画通り進んだら、2018年以内にジョーダン全ての難民に届く予定だそうです。

 

 

リップルはどうでしょう。3つの日本の大手銀行(住友銀行、MUFG、みずほ銀行)はリップルを使用する日本銀行事業共同体に入りました。

 

ゆうちょ銀行がリップル決済ネットワークに参加したそうです。

 

三菱東京UFJ銀行が発行予定している暗号通貨はリップルプラットフォームを利用するのでしょうか。

 

リップルは主に企業間取引に利用されてますが、今後はもっと増えていくのでしょう。

 

7月現在、約20円辺りを推移してますが、日本のメガバンクの動向次第で再び高騰の可能性も・・・